※まず先に、早期発送で購入できるのはコチラ ↓↓

 

不織布三層構造マスク

不織布マスクは転売マスクではない

ウィルス・花粉対策に!不織布三層構造マスクを詳しく見てみる♪

 

▼ このサイト記事から分かる3つのコト ▼
  1. 早期発送で購入できる販売店が分かる
  2. 不織布マスクとガーゼマスクの違いが分かる
  3. 不織布マスクのデメリット・メリットが分かる

 

 

不織布マスクとガーゼマスクの違いとは

不織布マスクとガーゼマスクの違いとは

 

マスクには主にガーゼと不織布の2種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

不織布(ふしょくふ)の特徴とは

不織布のデメリット
  • 強度が弱い
  • 耐久性が低い
  • 繰り返し何度も使用に不向き
不織布のメリット
  • 通気性
  • 保温性

これらに優れている

 

2種類の「違い」を要約するとこんな感じ

  1. 材質の違い
  2. フィルター入りかどうか

 

不織布マスクとガーゼマスクの違いとは

▽材質▽
不織布マスク: 化学繊維
ガーゼマスク: 天然繊維

 

不織布マスクとガーゼマスクの違いとは

不織布マスクにはフィルターが入っていることにより、
◎BFE(細菌飛沫)
◎VFE(ウイルス飛沫)
◎PFE(ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子)

 

これらをカット。
ガーゼマスクよりも防塵効果が高い。

■防塵(ぼうじん)とは
塵(ちり)・ほこりが入るのを防ぐこと。

※インフルエンザや風邪の予防という意味では、不織布マスクのほうが効果的!

 

 

不織布三層構造マスク

 

比較

不織布マスク

風邪・花粉の予防対策に効果的
・防塵性に優れる
・顔にフィットしやすい
・息苦しさが軽減されている
・材質:衣料、工業用などに用いられる石油などを原料とした化学繊維

 

ガーゼマスク

防寒・乾燥対策に効果的(特に空気が乾燥した時期)
・保湿性、吸湿性に優れる
・洗うことで何度でも使用できる
・編み目が大きく丈夫
・材質:細い木綿糸の天然繊維

 

 

 

花粉などのアレルギー体質の人は
化学製品で作られた不織布マスクだと影響がでることも。
そのため綿100%のガーゼマスクが選ばれやすい。

 

天然素材である綿を使っているので
ガーゼマスクは保湿性に優れています。
喉を乾燥から守ってくれるので防寒・乾燥対策に最適♪

綿なので水分を含む=保湿性あり

 

逆に
不織布マスクの化学繊維は水分を含みづらく、保湿性能は高くないのです。

 

  • 不織布マスクをつけたまま、くしゃみ
  • 温かい部屋から急に寒い外に出る

その時、内側に水滴が残っているということ、ありますよね・・

 

防水機能のマスクも多く、
唾(ツバ)などがマスクに当たっても、はじいてしまうので
口元が気持ち悪いなんてことも。

 

その点、ガーゼマスクは吸収してくれるのでそういう不快感は感じにくいです。

 

「不織布マスク」のメリット・デメリットは?

不織布マスクのデメリット・メリット

 

濃密で細かな繊維である不織布

 密度が濃く繊維が絡み合い、花粉などの防塵性に優れる

 

× 肌をこすって刺激する面積が広く、かぶれやかゆみの原因になる場合がある(敏感肌の方)

 

使い捨てタイプ

 都度、処分できるので衛生的

 

× ゴミが増える

 

 

 

肌の弱い方はガーゼタイプを選んだ方がいいのかもしれません。

 

現在のマスクの主流は不織布になりつつありますが、
使い心地などを考えると肌に優しいガーゼは空気が乾燥した時期には最適とも言えます。

 

自分に合ったマスクを使うことが一番ですね。

 

早期発送で不織布マスクを購入したい

不織布マスク通販

↓  ↓  ↓

不織布三層構造マスク

  • マスクの空間を保持し、立体ギャザーが鼻や口の圧迫を抑え、息苦しさやしゃべりにくさを解消♪
  • ノーズフィッターで鼻のラインにぴったり♪
  • 細菌、花粉、ホコリ等の侵入をブロックする3層構造フィルター採用♪

 

防水性もあり、ウィルス飛沫カット、日常生活の抗菌・防臭・消臭対策にも効果を発揮します。

 

お問合せの連絡先

不織布マスク通販サイトのお問合せ先

 

お問合せ窓口
【受付時間 平日10時30分 〜 18時00分】

 

電話番号:フリーダイヤル
0120-286-123

 

(株式会社ビズキ bizki Inc.)

 

安心・安全の不織布の三層構造で、花粉やウイルスをカット♪